ミスココ

体型の悩みと改善方法について

若いころはプロポーションが整っていた人でも、年齢を重ねるにつれて、体のラインは崩れてきます。
高齢になってくると、体型についての悩みが増えてくるものであり、年齢ごとに崩れやすい体の部位には傾向が見られます。
崩れやすい体の部位を予め把握しておけば、体型変化の対策を立てやすくなります。

 

年齢を重ねるにつれ、脂肪や皮膚を維持していた筋肉の力が低下しますので、重力に引かれて下へと下がりやすくなります。
筋力が衰えることで、皮下脂肪や皮膚が重力に引かれて下がるようになるのは、30代を過ぎてからの話です。

 

しかし20代の後半になると、少しずつ変化が始まり、30代になると顔の筋肉が弱くなってきます。
全身の筋肉量も少しずつ減っていきますので、ウエスト近くの筋肉が衰えると下腹部がたるみ、脂肪がつき始めます。
個人差がありますが、女性の場合は、ウェストまわりのくびれが無くなってしまうことも珍しくありません。

 

さらにインナーマッスルの弱体化が起り始める時期でもあり、40代に突入すると、足にも影響が現れ始めます。
年をとると、下半身は脂肪がつくより筋肉が痩せ細るほうが早いことから、足が細くなってしまう傾向があります。
見た目が細くなったといっても、足についている脂肪は変わらず、筋肉が減るだけです。

 

体型の悩みを改善するためには、日常生活にウォーキングを取り入れるなどして、筋力の維持を心がけるのが望ましいです。
適度な運動と食事コントロールが悩み改善には必要です。
ミスココなどのダイエットサプリを活用しつつ、たのしんで運動してダイエットしましょう。